📜お知らせ【希望島優先権について】

前提記事→渡船予約方法について
2022年7月1日より、渡船予約方法を上記リンク先に示しますように「完全予約制」といたしました。
併せて、希望島などに関する注意点がございますので、以下の内容を必ずご理解、ご了承頂いた上でご予約お願い申し上げます。

【注意点】
①希望する島の明記は、あくまで「お客様方のご予約日を選ぶ際の参考にして頂くためのもの」であり、希望島を約束、保証できるものではありません。

②原則、希望島の優先権は、あくまで「先発予約者」の方にあります。
・当日の海の状況により、渡れる島、または島に上がれる人数に変更の場合があり、船頭から改めて案内されます。
・ご希望に添えなかった場合のキャンセル等は可能です。料金も発生しません(支払い済の場合はご返金致します)
※例:以下、第一予約者の2名が「子島」を予約し、第二予約者の3名が「父島」を予約していた場合を想定します。
・当日「波高により子島が不可、父島は可能」となった→「第一予約者の2名は優先的に父島に入る事が可能」→この時、第二予約者の3名グループは「父島上限である残り2名分だけ父島に渡る」か、「3名揃って他の島に希望変更」か、選んで頂きます。
・予約順が第二以降の方や、グループでのご予約を希望される方は、この点をご理解の上ご予約願います。
・尚、シケ等の事情ではなく、お客様都合での島移動の場合は、優先権は「既にその島をご予約頂いているお客様」にあります。
・よって、先発予約者の優先権が適用され、自由に島を選べるのは「当店船頭判断による当日の島変更の場合のみ」となります。

③当日の「渡船の順番」について。
・基本的に乗船名簿にご記入頂いた順番を考慮しておりますが、希望先状況とグループ、人数等により、「全体として」最も効率よく島に渡せる順番で渡しますので、船頭の判断に従って頂きますよう、ご協力お願いします。

④渡船出航時間に船着き場にて待機されていない場合について
・「先発予約者の方でも希望島の優先権は失効」され、別の島になってしまう場合がありますので、ご注意下さい。
・先発予約者以降の方も遅刻、または大幅に準備が出来ていない場合、後回しになる可能性があります。ご注意下さい。

⑤希望島は「父島or子島」のように複数選択する事も可能ですが、後の予約者がどちらかを選択された場合には、残りの方を希望島として指定させて頂きます。この場合でも、シケ等で渡れなくなった際には、第一予約者の希望先が優先されます。

⑥極力相席にならないようお勧めしておりますが、各島の相席上限内の範囲であれば、当店としては特別ご案内の制限はでき兼ねますので、ご理解ご了承の程よろしくお願い致します。

以上となりますが、緊急または特別な事情により、急遽変更となる場合がございます。今後とも宜しくお願い申し上げます。

コメントを残す