🏝渡船釣果(23/6/24)

2023年6月24日の渡船(島釣り)釣果です!
~~つばき丸~~
【渡船先 & 釣果 & 詳細】
※対象魚種:マダイ、クロダイ、メジナ。

≪1名:帆掛け離れ。6時~15時≫
<釣果>
ワラサ(65cm)、大バラシ1回(青物)。エサ取り[アジ猛攻]
<詳細>
元々は俎板ご予約だったお客様。予報は予想よりも強く、南西系の中強風でうねり強く、まな板・激流・三つ繰りは朝一全滅となりました。残った島の内、帆掛け離れはベストな選択だったと思われます。最近誰も渡っていませんし、フグが沸いたという報告もありません(`・ω・´)

釣果は今期初のワラサ!青物の影は何度も観測されましたが、ようやくモノ上がってきました( ;∀;)
大バラシも1回。周りには青物まだまだたくさん居たそうですが、それでもアジは逃げる事なく、なんなら先住魚のアジ先輩方にエサをお譲りしているご様子。その体格で負けんなよ。。。
潮の流れは下りからの上りに切り替わり。いずれもゆったりでした。


≪2名:とどえぐり。8時~15時≫
≪3名:片島(7時~12時半)→父島(~16時)≫
<釣果>
とどえぐり:アジ大漁(~33cm)。エサ取り[アジ猛攻]
片島:アジ大漁。エサ取り[アジ・フグ猛攻]
→父島:アジ大漁、メバル、カサゴ。エサ取り[アジ猛攻、ベラ]
<詳細>
渡る島にはアジばかり。
某有名ドラマを思い出しそうなフレーズですが、その内容はひたすらアジの猛攻に翻弄されるという悲劇。片島はうねり強くギリギリの状態で渡っているだけに、フグも沸いていてと悲惨でした。。。
昼頃には、うねりは残っていましたがだいぶ風も落ちてきた為父島へ移動。しかし何度やっても、どこへ投げてもアジばかり。。。

とどえぐりは、青物観測されたご様子。もちろんポイントに向かって遠投しましたが、釣れるのはなぜかアジ!歯がゆいですね(;´・ω・)
まだまだスキルが足りない!と自己評価されておりましたが・・・、いやいや最近の釣果をご覧下さい。。。こればかりはもう、仕方無いと思われます(-_-;)

いずれも、下り潮ゆったりです。うねりがあるとエサ取り居なくなる説も決して外れてはいませんが、それを越える程のアジの大群です。誰か網漁とかでごっそり持ってってくれないかな・・・(´. .)

本日もご利用頂き、誠にありがとうございました。またのご来店をお待ちしておりますm(_ _)m