🏝渡船釣果(23/7/23)

2023年7月23日の渡船(島釣り)釣果です!
~~つばき丸~~
【渡船先 & 釣果 & 詳細】
※対象魚種:マダイ、クロダイ、メジナ。

≪2名:子島。4時半~13時≫
<釣果>
赤3枚(30/38/51/cm)、黒3枚(30/40/41/cm)。エサ取り[なし]
<詳細>
およそ二週間ぶりの渡船です。果たしてこの時期大丈夫なのでしょうか・・・!
この時期の渡船には、三つの問題があります。

一つ目は、潮位が高い事。少しのうねりで三つ繰り水没しますので、とどぐりやとどえぐりしか渡れない事もよくあります。これに関して、本日は珍しく潮位が低かった為、何週間も海に沈んでいた船着き場の第三・第四ラインも、今日は日の光を浴び続けて真っ白に変色しておりました。

二つ目は、エサ取りが多い事。そろそろベラ大漁発生の時期になります。大雨から数日経ちましたが、依然として海の濁りは取れず・・・、流木やら泥水やらが流れ込んで来ています。しかし、これらは海面だけの話で、先日店長が潜ってみた結果海面から2mよりも下はいつも通りの綺麗な海のようです。泥濁りのような臭いも特にしません。海上の景色は最悪ですが…そしてこの影響か、この濁りがある内は驚く程エサ取りが居ない様子です。

三つ目は、磯場が暑過ぎる事。夏の沖磯釣りを断念される理由ランキングNo.1でしょうか。大体皆様8~10時間くらい沖磯で遊ばれておりますが、その間サウナに入っているようなものと考えるとやはりゾッとしますね💦
本日ご利用頂いた皆様は、もちろん各々防暑対策をされておられて、ストレス無く遊べたご様子。一番良いのは首回りを冷やす事のようです。氷入りクーラーに入れていた濡れタオルなんかキンッキンに冷えてやがります(((*≧∀≦)))
あとはある程度風さえ吹いてくれれば、磯からの熱風もどこかへ運んで貰えるのだとか。

という訳で、こんな時期でも問題は三つともクリアされて渡れたのが現状ですが、釣果も十分に出ております(*´ω`*)
50オーバーマダイに40オーバークロダイ2枚。今年のシーズン期に最長サイズを釣り上げたいつものフカセ釣りペア様ですが、本日もお見事でした!濁りがキツく海上の景色も↓↓でしたが、楽しまれたようで良かったですm(_ _)m


≪2名:父島。4時~17時。≫
<釣果>
A氏:黒1枚、赤5枚、メジナ6枚、サヨリ1匹。
B氏:黒1枚(45cm)、赤1枚、メジナ4枚(~34cm)。大バラシ3回(マダイ)。エサ取り[ベラたまに(気にならない)]
<詳細>
父島でも釣果が上がりました(*´ω`*)
A氏は数釣りを、B氏はサイズを楽しまれたご様子。お客様とは前もってショートメールにて事前に会員登録をさせて頂いたものの、朝、つばき丸立ち合いできず申し訳ありませんm(_ _)m
お帰りの際には無事正規の会員カードを交換し無事登録完了。

父島では安定的に魚釣って3バラシ!まだまだ楽しめそうですね(*’ω’*)
こちらも濁りは酷かったものの、エサ取りは気になりませんでした。たまにベラが釣れたかなくらいだったそうです。


皆様、本日もご利用頂きまして誠にありがとうございます。またのご来店をお待ちしておりますm(_ _)m