🏝渡船釣果(23/8/26)

2023年8月26日の渡船(島釣り)釣果です!
~~つばき丸~~
【渡船先 & 釣果 & 詳細】
※対象魚種:マダイ、クロダイ、メジナ。カサゴ、キジハタ。

≪1名:父島。5時~9時半撤収。フカセ≫
<釣果>
30前後以下メジナ10枚、30前後クロダイ2枚、手のひらマダイ。全リリース。エサ取り[ベラだらけ]
<詳細>
本日の父島のお客様は、去年もご利用頂いております釣りの名手。
のっこみシーズンではなくあえてこの時期を選んだのは、「ベリーハードモードの方が好きだから」との事(;゚Д ゚)!!
「魚のやる気無さスギィ!!」と嘆きシーズンに入っておりますつばき丸からすれば、こういった価値観を持って挑んで下さるお客様もいらっしゃるというのは、大変救われる思いでございます(´;ω;`)
昨年は7月を中心によくご利用頂いて、メジナ等大漁に釣って下さいましたね(*´ω`*)
今回の釣果は、サイズは小さ目だったとの事ですが、猛暑による最近の魚の状況を考慮すると、やはりお見事です!うねり飛沫さえ無ければ大きなメジナも釣れていたかと思われます(T^T)

現在の朝一夜明けは、朝4時半を過ぎた頃からです。とはいえ、以前お知らせ記事に書きましたように渡船の夜釣りを開始し、とどぐり・父島であれば24時間ご案内対応可能(事前要予約)の為、ご希望であれば早く出航する分には問題ありません。
本日は明るくなってからの出航ご希望でしたので、4時半を過ぎてから出航しました。

潮位高く南東ですが、2mの弱風予報でしたので問題無しと判断し、父島へ。潮位は朝一から昼まで満潮時とほぼ変わらないような干満差ですので、常に満潮みたいなものです。朝一ギリギリ上がれたので、あとは潮位が下がっていくのと風が北向きになるのを待つだけ・・・と踏んでおりましたが、思いの他、9時半頃にはそのギリギリのラインを越えて来ました(+д+;lll )…

メジナポイントを、沖側の右奥遠投で発見。しかし釣りたい方向からうねり飛沫飛んできますので容易ではなく10枚程釣って早々に撤収判断としたそうです💦
曰く、明日(27日)父島に渡る人が居ればかなりのラッキーポイントとの事。(そして27日の昼父ご予約頂いていたものの、午前中南東強風大シケにより中止ですorz)


≪1名:とどえぐり(夜)。18時~23時半。キジハタ狙い≫
<釣果>
エサ取り[アジ]
<詳細>
9時半に父島のお客様を港に戻した後、店長が帰るまでにやってしまおうと思い、先日店長が採ってきたイガイのフジツボを砕いていた所・・・、南西系の強風が吹いてパラソルが飛ばされたり、それを必死に追いかけてたら船着き場のぬるぬるした所で足を滑らせて思いっきり転んだり、そのはずみでスマホがポッケから飛んでいって海に水没したり・・・。

そんなすったもんだの昼下がり、今年からよく当店の渡船をご利用頂いているお客様からご連絡が!・・・しかし声が聞こえない!!(((;゚Д ゚)))
さっきの、海にスマホ水没したので完全にお逝きになられたご様子。幸いにも動作だけはしっかりしていて、ラインでもやりとりしていた方でしたのでメッセージでご用件を伺いました。

「本日の夜渡船可能ですか」

とのご相談。通常は、諸々の事情で2・3日前からのご予約を原則としておりますが、翌日(27日)の午前中は南東大シケによりご予約がキャンセルになった事=朝十分に睡眠時間を取れるので翌日の営業に支障は無い事、深夜0時から南東強風になるので「その時間よりも早い段階の帰港でもご了承頂けるなら」という事で、特例でお引き受けしました。

一点問題があったのは、父島がデータを裏切って波が被っていた事でした。
そうなるといけるのはとどぐり・・・。しかしお客様はキジハタ狙い・・・。とどぐりよりはとどえぐりの方がキジハタを狙い易いという話をよく聞きます。ただし、あの島の周辺は岩礁帯が多く、暗闇の操船は非常に危ない・・・。葛藤しましたが、0時よりも早くなる事、天気は晴れで月明かりに期待できる事などを考慮し、また、本当に危険なら、直接この目で見て一度くらいは経験する必要があります。なぜ渡船夜釣りというのは、「父島・とどぐり以外は不可」という条件が付いているのか。その理由を直接見てみたい。店長からも許可を貰い、とどえぐりへ。

1時間毎にアラームを掛け、風向きと風速を都度確認。問題は無さそうです。
予定よりもやや早く、23時半頃にお客様から帰港のご連絡を頂きました。店長はイガイの処理諸々でたまたま起きていたのですが、心配だったようで一緒にお迎えに行ってくれました。
結論から言えば、「完全にベタ凪予報」とかではない限り二度ととどえぐりの夜釣りお迎えは行きたくないというのが今回の感想です(;’∀’)
言葉で聞くのと実際に見るのはやはり違いますね。店長のフォローがあったから何事もありませんでしたが、つばき丸一人ではやはり心もとないくらい、危険です。父島にせよ、山の上の灯台からビームで照らされているからこそ夜釣りが許されているようなものだなぁと改めて痛感しました(-_-;)

そんなこんなでつばき丸も貴重な経験をさせて貰いましたが、釣果としましてはかなり厳しかったご様子。先日は父島で、小さ目ですがキジハタ大漁に釣れていたので期待していたのですが・・・、島も違えば、同じようにはいかないものですね(-_-;)
魚探を見ると、根掛かりしやすい場所に限って魚が溜まっていて、うまくそこに落とし込んでも食い気が無いから掛かってこない・・・。それでも何度かキジハタのあたりを引き込めたそうですが、残念ながら喰いが浅くバレてしまったご様子。また次回に期待でございますm(_ _)m

普段から朝まで起きている方だそうで、帰港後はつばき丸と談笑を楽しみつつ、ご安全に寝てから帰られました。

皆様、本日もご利用頂きまして誠にありがとうございます。またのご来店をお待ちしておりますm(_ _)m

🐟
🐟
🐟