🏝渡船釣果(23/9/17)

2023年9月17日の渡船(島釣り)釣果です!🏝
~~つばき丸~~
【渡船先 & 釣果 & 詳細】
※対象魚種:マダイ・クロダイ・メジナ・アオリイカ。

≪1名 子島(5時~15時)≫
<釣果>
クロダイ1枚(35~36cm)、メジナ1枚(27~28cm)
<詳細>
メジナ狙いのお客様。元々はまな板 or 片島 予定でした。
今メジナ狙いでおすすめの島はどこか・・・。これが島において一番難しい質問でございます💦
つばき丸から見てですが、メジナ自体が今年はあまり活気あるように思えないもので・・・。いえ、去年と今年しか見てないからというのもあるのですが!
特に今年は、大雨やら猛暑やらの大打撃をくらい、例年のデータ通りとは行かないです。昨年の記事と比べ顕著に表れているのは「魚は確かにそこに居るのに食い気が皆無」という状況。エサ取りまでそうなってる日もたまに見かけます。
実際に、たまに上がってくるクロダイなんかも、7割くらいはなんかこう、「ダイエット頑張ってます感」のある見た目しております。厚みだけ減らして胴長だけ長くシュッとしようとしてるかのような。
魚界隈では現在そういうのがモテるのでしょうか。そうするともうサヨリやダツなんかはパーフェクトボディですね。こぞって皆痩せていきます。時代に流されず肥えてくれてる子もたまにいますけれども!

話を戻しまして、例年のデータ通りであれば、メジナ狙いならまな板か、片島、とどえぐりか三つ繰りでしょうか。しかしながら、まな板は水没しておりました。すると片島か三つ繰りかで迷う所。昨日の渡船情報では、子島でメジナの群れを観測。しかしながら20時までフカセ粘ったお客様でも、潮の流れが速かったり遅かったり止まったりと不思議潮で、結果はクロダイのみでした。なんだか今日も同じ雰囲気。けれども子島を選択です。
結果はクロ1にメジナ1。リリースですので写真ありませんが、ひとまずこの渋い中でも釣れたという事でどうかm(;_ _)m
メジナの楽しい時期は、今現在でしょうか。それともこれからでしょうか。あるいはいつもこんな具合で、この渋さこそが楽しくて、皆様いらっしゃるものなのでしょうか。どこでも言われているのは「例年、魚難しくなっている」との事。個体数が減っているのか、それとも頭良くなっているのか・・・。
釣り人の皆様が海へ垂らすクモの糸を、魚達はどのように捉えているのでしょう。文字通り天国への階段・・・とは思ってくれなさそうです。


≪1名 とどぐり(16~21時)≫
<釣果>
アオリイカ7杯。
<詳細>
本日午前中に急遽お電話入りまして、16時からの渡船エギング。
いつもはご友人と一緒にいらっしゃいますが、本日は珍しく一名様でのご利用です🐺
開幕から好調で一気に5杯くらいは上がったみたいですが、それっきり・・・。21時帰港時点では計7杯です💦
うねりが強くなった最後辺りはほとんど釣りにならなかったそうです。イカの型も、先日のとどぐり釣果と違って小さ目(T^T)

今年のイカは、どう捉えるのが正解なのでしょうね(´・ω・)
一応、坊主の出ないうちはまだとどぐり・父島でも勝負になるかもしれませんが・・・。サイズ20cm前後くらいまでが一番活気良かったと考えるとまだこれからと捉えるか、あるいは新子観測が早かった為に10月期同様の渋さと捉えるか・・・。難しい所です。
一つ予測できる事があるとすれば、今年の10月は例年以上に特大のアオリイカが秋田で観測される可能性はあります。全ては水温次第ですね(`・ω・´)


皆様、本日もご利用頂きまして誠にありがとうございます。またのご来店をお待ちしておりますm(_ _)m