🏝渡船釣果🏝(22/09/10)

2022年9月10日の渡船(島釣り)釣果です! 
渡船先:父島(12時~20時半)。
対象魚種:マダイ、クロダイ、メジナ。アオリイカ少々。
釣果:マダイ、ベラ、サヨリ、メジナ、イシダイ、キジハタ、カサゴ、メバル、子マダイ、アジ。エサ取り[ベラ、チビイシダイ]

沖磯なのに・・・10目達成!?
本日のお客様、狙いは大鯛一本の為キープサイズは無かったものの、ずいぶんとバラエティーに富んだ釣果を残して下さいました。昼一渡してすぐに送って頂けたのは、イシダイの写真。25cm前後はあったそうです。そして、このサイズにもなるととにかく引きが強い。よくお客様の中には「引きを楽しみたい」という方がいらっしゃいますが、まさに打ってつけだったそうです。中々上がってこないわ、走るわ、楽しかったとの事。
本日、この他は景色の写真のみですが、珍しくサヨリも上がってまいりました。長さは30cm程。サヨリといえばいつも海面にうようよいるイメージですが、このサイズにもなると、深めの場所にいたそうです。
島釣り釣果としてまた珍しいのは、カサゴでしょうか。オニカサゴだったりしますと、高級魚ですが大変危険な猛毒を持っておりますので、触る時は十分にお気を付け下さい。
マダイ、メジナはいつも通り。キジハタもまだまだ連れている様子です。アジは25cm程の大サイズでした。
終了時間前には、晩御飯用に30分だけエギングされたそうですが、全く釣れなかったそうです。近場で潜っていた方の情報ですと、そもそも本日は父島周辺にはアオリイカ居ないとの事。
距離にしてすぐ目の前ですが、子島の方にはたくさんいたそうで、マサキ船長達も本日はその辺りを狙う事でこの厳しい海況でもなんとか釣果を出せたそうです。ちなみに、とどぐり周辺では「ポツポツと釣れた程度」でした。沖磯のエギングは・・・移動できない分、運次第な所もありますね。エギング狙いで沖磯に渡る方は、釣れない場合に備えて是非フカセ用の仕掛けもご用意下さいませ。。。
エサ取りは、相変わらずのベラとイシダイ。これを突破できるかどうかが、島釣り攻略の鍵だと思われます。

もう一つ面白い情報がありました。何気なく本日のBI(魚の食い気予報?)を見ていたので、役に立つかは分かりませんが、よくお客様に「予報ではこの時間から釣れやすくなるそうです。予報ですがっ!」とお伝えしております。
あくまでただの予報で、そこまで信用できないものと思いながらもお伝えしてるのですが、本日は15時からの食い気がよく、実際にティップランでも島釣りでも、その時間通りに釣れ出した模様です。意外とこの予報役に立つ・・・のでしょうか。たまたまかもしれませんが。ちなみに明日のBIでは17時頃がピークですね。

本日は第八つばき丸(1日チャーター)、第十八つばき丸(ティップランチャーター)、小型つばき丸(渡船)と、フル稼働でした。明日も似たような状況でございます。ありがたい事です。
明日は、特に渡船のご予約を11名様分も頂いておりましたが・・・、残念ながら南東系の風で、三つ繰りは壊滅。急遽キャンセルとなりました。誠にご不便お掛け致します。また凪の良い時にでも、是非ご利用頂けますと幸いです。