🏝渡船釣果(22/10/02)※三つ繰り覚醒。フカセ釣りシーズン早くも到来!

2022å¹´10月2日の渡船(島釣り)釣果です! 
渡船先:父島3名(エギング1、フカセ2)~16時、子島フカセ2名~15時半、母島→とどぐりエギング1名~11時、片島エギング2名~15時、とどえぐりフカセ2名~16時。母島→子島フカセ1名(12時~20時)
対象魚種:マダイ、クロダイ、メジナ、アオリイカ。
【釣果】 
父島3名(エギング1、フカセ2):アオリイカ8杯、メジナ沢山。キープサイズ4匹以上。(~16時)
子島フカセ2名:25~31cmメジナ大爆釣。良サイズウマヅラハギ、45cm越えクロダイ。(~15時半)
母島(朝シケ。8時頃移動)→とどぐりエギング1名:アオリイカ1杯。(~11時)
片島エギング2名:エギング厳しかった様子。
とどえぐりフカセ2名:メジナ30cm以上。それ以下はすべてリリース。
母島(12時~15時半)→子島(~20時)フカセ1名:メジナ1枚。ワームでキジハタ。夜はイソメだと子マダイとアジいっぱい。

前日の段階では、本日(2日)の渡船は7名のご予約だったのですが、朝一急遽お越し頂いたお客様もいらっしゃった為、本日の島のご案内は計11名となりました。店前の駐車場がすごいことに・・・!Σ(・□・;)
朝一~15時帰港希望のお客様が多くいらっしゃったので、朝の短い時間で計3便の出航、また、お帰りの時間に関しても同時には引き上げられないので、多少ズラして頂く事となりました。ご不便お掛け致しますm(;_ _)m

島移動に関するご希望が、午前の内に何件もありましたが・・・、どこの島も満席の為、残念ながらほとんどご希望に添える事はできませんでした(´;ω;`)
朝一渡してからおよそ1時間。母島エギングからのお電話が。波が被って来た為とどぐりに移動したいとの事。後からご友人がもう一名様いらっしゃる予定でしたが、とどぐりでもようやく1杯と渋く、「早めに見切りを付けるのも重要」との事で、お昼前には戦略的撤退。
ここで、朝一渡ったお客様方とは別に、「昼頃に島へ渡りたい」というお客様からお問い合わせ。三つ繰り希望との事でした。朝一シケでダメになった母島は、昼には落ち着いているはずなので、そちらのご予約を確定。
その後父島エギングからお電話が。とどえぐり移動できますかとの事。こちらはフカセ2名渡っておりますので断念。その後すぐにとどえぐりから「三つ繰りに渡れませんか」とのお電話。母島は昼からのお客様がいらっしゃるので厳しいかと思ったものの、先程父島エギングのお客様もとどえぐりに移動したいご様子でしたので、一旦お電話を保留し父島にご連絡。しかしお話を聞いてみると父島エギングは1名様のみであとの2名様はフカセだった模様(この時まで全員エギングかと思ってました)で、結論としてはこの条件ではどちらも島移動はできず。。。また、片島エギングのお客様からも空いている島ありませんかとご連絡を頂いたのですが・・・、この状況ですので、こちらも断念です(>_<)

フカセかエギングかの関連や、予約者多数で渡れる島が限られて来ると、ご要望通り楽しめるように上手く島をご案内するのはやはり難しいですね。可能な限り上手い具合に調整して、一人残らず楽しんで頂けるのが、つばき丸の心からの願いです。

さて、午後からの一斉帰港で釣果が気になる所。。。
全体としてみると、エギングはかなり厳しく、フカセはかなり盛り上がってきたようです。特に子島の釣果は、大サイズクロダイを筆頭に、メジナの絨毯が出来てしまった程。
父島エギングのお客様に関しては、とどえぐりへの移動は厳しい旨をお電話でお知らせした直後にアオリイカが釣れ始めたようで、なんとかお一人で8杯釣り上げました!父島フカセのお二方は、程良くメジナが釣れて楽しめたご様子。持ってきた良いサイズ数匹の写真を撮らせて頂きました!
昼から20時まで母島→子島と楽しんで頂いたお客様は、良いサイズのメジナ1枚。日が落ちるにつれて、イソメでは子マダイ、アジがうるさい為、ワームに変更し見事キジハタゲット。相変わらず島でキジハタ釣るの上手いです笑
とどえぐりも、普段は島移動されないお客様方であるにも関わらず、島移動の申し出があった程ですので・・・、おそらくフカセ釣りの中では最も厳しい環境だったと思われます。それでもキープサイズのメジナ等見事釣り上げて来て下さいました(*´ω`*)

フカセが盛り上がってきたと言えども、エサ取りはまだまだ健在です。特にベラ、子マダイが酷いです・・・。海況以上に、どの島も熟練者様揃いでエサ取り回避等の技術をお持ちですので、早い時期から好釣果をお届けする事ができておりますm(_ _)m
今年の10月~11月は、島釣り盛り上がりそうですね!これからも楽しみです(((*‘ω‘ *)))ワクワク