🏝渡船釣果(23/6/19)

2023年6月18日の渡船(島釣り)釣果です!
~~つばき丸~~
【渡船先 & 釣果 & 詳細】
※対象魚種:マダイ、クロダイ、メジナ。

≪1名:激流島。4時~14時≫
≪1名:父島。5時~14時≫

<釣果>
激流島:大バラシ4回(ヒラマサ3回、マダイ1回)。エサ取り[アジ・サバ・ベラ・サヨリ]
父島:エサ取り[アジ猛攻]
<詳細>
本日(19日)は風向きがぐるりと反転し、昨日(18日)までと打って変わってベタ凪です!
うねり方は、風が衝突した時特有のパシャパシャうねり。船運転する時徐行レベルで行かないと、すぐしぶき掛かってくるから嫌なんですよね(-_-;)
自分一人だけならずぶ濡れなっても構わず全速力で向かいますけれども、お客様載せてる時はもちろん気を使います(´・ω・`)

激流島では、大バラシが4回!うち3回はヒラマサだったそうで、今季初の観測になります!(*’ω’*)
当店ご利用は初めてですが、沖磯経験はかなり積んでいる熟練者です。本日は1.2号での試し釣りでしたので、バラシ連発してしまいました(>_<)💦
大変気に入って頂けたそうで、またご利用頂けるとの事。夏場のベラだらけ対策も熟知している様子でしたので、メジナシーズンも楽しみにお待ちしておりますm(_ _)m

父島では、アジの猛攻突破できず坊主とでした(´;ω;`)
こちらも当店新規様ですが、激流島の新規様とはとてもよく見知った仲。
何百人いるお客様の中で、わざわざこの同じ日に、同じ帰り時間にバッタリ会うのも凄い偶然ですよね。「考える事一緒かぁ!」って、帰りは皆で大笑いしておりました(*ノ∀`*)
お寿司屋さんの大将だそうです。津本式究極の血抜き実施もしておりますので、お魚釣れました際は店長が余裕のある時であればやって貰えますので、是非お任せ下さい(*’ω’*)
※ただし、脳締め血抜き水氷漬けの処理をされた状態、あるいはスカリ等で生かした状態である必要があります。
また、上記条件をクリアして各お客様から買い取っておりますお魚も、オガーレにて津本式熟成魚(つばき丸・椿水産)として出品しております。ご近所のお寿司屋さんからも大変評判だそうですm(_ _)m


≪2名:子島。7時~15時≫
<釣果>
赤2枚(50/38/cm)、黒1枚(47cm)
<詳細>
去年もご利用頂いたお客様。まだ当時はつばき丸も一人では渡船できなかったものでしたが、当時と今の差に成長を感じて頂けましたでしょうか(*´ω`*)
元々は「サザエ網の無い所」とのご要望で、島希望は任意でした。当日実際に網の無い島を見て回ろうと思っていたものの・・・、一昨日あたりに子島2名様からキャンセル貰っていた為、この間にご予約もなく、たまたま本日子島空いていましたので全力でそちらをおすすめしご案内(‘ω’)ノ

昨日、「嫌な渡船屋」といった興味深いブログや動画を見つけましたので拝見しました所、どれも酷いものでしたが「島の希望を受け付けてくれない」「一見の客は良い島が空いてても強制で期待値の無い島に渡される」等の項目があり、唖然としました。。。
え、なんでだろ・・・。ちょっとでも楽しんで貰いたいとかって思わないものだろうか・・・。「既に埋まっているからそこしかなくて仕方なく」とかならまだ分かりますけれども(;´・ω・)
対岸の火ですね。うちはそういうのに該当しないような店を目指したいものです(`・ω・´)

本日は、風強めではありますが北系なので追い風。天気は快晴。うねりは衝突系で多少残っていて、予報は大潮・・・。水は今季一と言える程澄んでいます。一見最高のコンディションですが、水が澄んでいるという事は、それ程水温が冷たいという事で・・・、店長も潜りに行ってから、水が冷たくてすぐに戻ってきました。水温が急激に下がったせいか、魚の食い気は分かりやすく皆無です。激流島も父島も然り。

しかしながら、特別性のエサでアジを回避し潮の切り替わり等も見極め、スキルを駆使して見事釣果上げて下さいました(^^)/
写真のお魚は、既に内臓取ってあるので通常より小さく見えますが、内臓を取っても身はパンパンでこれだけの迫力残しているので、かなり良質の赤黒ですね(((o(*゚▽゚*)o)))
釣果のあるなしに関わらず、本日ご利用頂いた皆様から好評頂けたので、とても嬉しかったです(*´ω`*)

皆様本日もご利用頂き誠にありがとうございました。またのご来店をお待ちしておりますm(_ _)m