🏝渡船釣果(23/7/9)

2023年7月9日の渡船(島釣り)釣果です!
~~つばき丸~~
【渡船先 & 釣果 & 詳細】
※対象魚種:マダイ、クロダイ、メジナ。

≪1名:とどえぐり(朝一~8時)。フカセ≫
≪1名:とどぐり(朝一~9時半)。フカセ≫
<釣果>
エサ取り[アジ猛攻・フグもそこそこ]
<詳細>
とどえぐりのお客様は、元々は尾館栗島(北側)を。とどぐりのお客様は小舘栗島を希望でしたが、残念ながらうねり強く断念し、とどえぐり・とどぐりを選択されました。

前日(8日)の朝一予報では波高ずっと0.2mのべた凪だったのですが・・・徐々に上がっていき、朝にはシケで全部キャンセルすべきか迷うくらいのシケ模様となってしまいました(;´Д`)
こういう時、こちらからお電話差し上げた方が良いかどうか、未だに悩みます(-_-;)
店の方針としては「他に行ける島がある限りは基本的にはこちらからはお電話せず、お客様の判断にお任せしている」のが現状です(´. .)
「その磯じゃなきゃ絶対嫌だ!っていう人は、ちゃんと事前に予報見て連絡来るから大丈夫だよー」と、多くのお客様からもアドバイス頂いておりますが、今回のように前日の午前中くらいまでは問題無くとも翌日朝になるとダメになっているというパターンももちろんあり、改めて海の仕事は難しいなぁと思います。。。

とどえぐり・とどぐりの釣果は手の平マダイいたりいなかったりするくらいで・・・、特にアジ猛攻酷くフグも沸いていて厳しかったです。

とどえぐりのお客様は、沖磯熟練者のオーラをまとった当店新規様。エサ取り多すぎて、想定よりもかなり早くエサを切らしてしまった為、帰港となりました。潮は海面しか流れていなかったようで、底の方は止まっていたそうです。
もちろんシーズン終了である事もご理解の上での利用でしたので、終始穏やかに応対して下さり、今回こんな感じでも「また来ますねー!」とおっしゃって頂けて嬉しかったです(T^T)

とどぐりのお客様は、まだエサは残っていたものの、波しぶき強くリタイア。潮も下り系なのでやりづらそうです(>_<)
毎年どの時期も渡船・釣船遊びに来て下さる常連様ですが、なんととどぐりに上がったのは本日が初めてだったそう!帰りがけには、各島の地図が載ってる本をご持参頂き、投げる方向等一緒に反省会しました笑
あの地図いいですね!うちもそろそろ新しいの買おうかな(´・ω・)
次回とどぐりは、のっこみシーズン序盤にでも是非ご利用頂きたいです。上り潮だと最高ですね!


≪1名:父島(4時半~10時半)。フカセ≫
≪1名:父島(4時半~8時)→とどえぐり(~17時)。フカセ≫

<釣果>
父島:メジナ3枚。エサ取り[前半アジ猛攻・後半ベラ猛攻]
父島→とどえぐり:(父)メジナ1枚。エサ取り[アジ猛攻]→(え)謎大バラシ。エサ取り[アジ猛攻。フグ有り]
<詳細>
お二方のうち一方のお客様は、元々は子島予定だったお客様。子島はシケで渡れず父島相席させて頂きましたが、8時くらいになってますます波が強くなってくると、二人で釣りできるスペースが無くなり島移動のヘルプコール。とどえぐりへ変更となりました。

二人共移動するものと思って島に付けた所、なんと一人は「自分まだ大丈夫です!残りますよ~!(^^)/」と元気いっぱいでやる気満々。。。
その後ろでは柱のてっぺんまで届くくらいの波飛沫がバッシャーンと、漫画の背景みたいになっていましたが・・・、10秒ごとに足元綺麗にしてくれるくらいで、磯の上丸々流されてしまう程ではなさそうでしたので了承。安全第一に、何かあったらすぐご連絡頂けるようにお約束して頂いて、おひとり様だけをとどえぐりにご案内しました。
そして丁度とどえぐりへ向かう最中、既にとどえぐりにわたっている1名様から「エサ無くなったので帰ります」とお電話が来たので、入れ替わる形で島に上がりました。

父島からとどえぐりへ移動されたお客様は太平洋側を本拠地としている方ですが、そちらの海では今日の父島くらいのうねりでも渡船に出るのは日常茶飯事なのだそう。どうりでシケの中でも余裕の表情で慣れているご様子でした(;’∀’)
父島での釣果はメジナ1枚。とどえぐりの方では、謎の大バラシありました。メジナかなぁ・・・。

父島に残ったお客様は、一人がとどえぐりへ移動した後に同じ方向(南側)で挑戦した所、メジナ3枚捕獲。11時頃には今度こそヘルプコールが来て帰港となってしまいましたが、大荒れの中でも楽しめたそうでしたので良かったです(^^)/


≪2名:帆掛け離れ。(4時半~12時半)≫
<釣果>
赤1枚(36cm)、イナダ2匹(~48cm)。アジ。エサ取り[アジ猛攻]
<詳細>
「あ・・・ありのまま今起こった事を話すぜ・・・。帆掛け離れから帰港願いの連絡を受け、全速力で向かった結果、空中にプールができちまった。な・・・何を言っているのかわからねーと思うが俺も何をされたのかわからなかった・・・」

もはや今日何度このセリフが脳内を反復したかわからない程に、うねり落ちませんな(´・ω・)
海に出る度に頭からズボンまでビショビショになるので、1日で4回着替えました(ノ∀`)
うねりと戦って操船するの、段々楽しくなってくる始末です(`・ω・´)
おかげで最終17時のとどえぐりお迎えの頃には、だいぶ操船スキルが上がっていたように思います((´∀`*))
時を戻して帆掛け離れは、予定を早め12時半の帰港。

毎週来て下さっては、いつもはエサ取りどれだけ沸いていても気にならないご様子のお二方。今日はなんと、珍しくアジ猛攻で厳しかった旨のご報告が!
帆掛け離れは昨日(8日)特大バラシもあったため期待値とても高かったのですが、ここに来て無念となりました・・・。いや、とはいえ本日の全体釣果としては良い方なのかなと!
青物バシャバシャしてたそうです。釣りとしても食料としても、好きな人・そうでない人分かれるお魚ですが、つばき丸的には結構、見た目とか特性とか好きな部類ですね。もちろん、釣った事ありませんけれども!!(*’▽’)

毎週のようにご来店頂いていたのですが、しばらくお仕事で来れる回数が減ってしまうとの事。寂しいですが、いえむしろ、シーズン終わっても尚毎度遊びに来て下さいまして、ありがとうございます(T^T)
またいつでもお待ちしております(*´ω`*)
タケノコ美味しかったです!ご馳走様でしたm(_ _)m✨


≪1名:片島(5時~13時)。フカセ≫
<釣果>
足裏 黒1枚(約30cm)。子マダイ。エサ取り[ほぼなし]
<詳細>
元々は母島予約のお客様。せっかく朝一来て頂いたのですが、3便目となりだいぶお待たせしてしまいました。申し訳ありませんm(_ _)m💦
行きも帰りも、お客様乗せていない場合は全力疾走で操船しておりますが、やはりそれでもうねりが強いと往復にかかる時間も相当なものとなってしまいます(;´∀`)

片島では、なんとエサ取りほぼなし・・・!しかし魚の食い気もなし!エサは針にくっついたまま上がってくるようです(((;゚Д ゚)))
どうした事でしょうか。この時期にこれは、気になる結果となりましたね・・・(´・ω・)
元々は15時帰り予定でしたが、南西10mくらいになった昼過ぎには、さすがにもうまずいだろうと思いお迎えの準備をしていた所、片島から丁度ヘルプコールが来た為全速力でお迎えに上がりました。

お渡しする段階でも結構風うねり強かったのですが、朝一は南東であったからか片島へのご案内は何ともなかったです。帰りには南西強風なので、島から船に渡るのにヒット&アウェイが必要な大うねりでしたけれども(-_-;)
しかしながら、大波に乗って帰る絶叫アトラクションは楽しまれていたようで。。。つばき丸子供の頃は、うねりのある時に店長の船に乗ってギャン泣きし「二度と船には乗らない」と誓ったものですが・・・、気が付けば楽しく船頭やらせて頂いております(ノ∀`)

帰港後のクールタイムなどでお客様とじっくり世間話しできる機会にも恵まれ、貴重なお話をたくさん聞かせて頂きました。ありがとうございました!(*’ω’*)


皆様、本日もご利用頂きまして誠にありがとうございます。またのご来店をお待ちしておりますm(_ _)m